ETCカードの種類

ETCカードについて簡単に説明しましたが、ETCカードについてもう1つ付け加えるべきこと。

それはETCカードはETC専用カードと一体型ETCカードの二つがあるということです。

これはどういうことかというと、まずETC専用カードはその名の通りETC専用のカードです。

ETCカードとしてのみ利用出来、有料道路のETC通行料金の清算をする他には全く使えないのです。【関連情報】高速道路料金・ルート検索 – NAVITIME

それに対して、一体型ETCカードは一般のクレジットカードとETCカード両方の機能を持ったカードのことを言います。

一体型ETCカードは、ETCによる道路料金の清算を行える上に、クレジット払いにより買い物など両方を行うことが出来るのです。

どちらの専用カードと一体型カードどちらが良いかは使い方次第です。

ETC専用カードはクレジット機能があるので、そのカードによりショッピングが出来、かつカード会社によっては一枚のカードでポイントもたくさんためることが出来るという利点があります。

しかしながら、車上荒らしなどの心配もあり、その都度ETCカードを抜く必要がある為、忘れっぽい人には向いていないかもしれませんね。

専用カードはクレジット機能がない分そういった抜き差しの手間が無い上、カードを挿し忘れるといった事もありません。

どちらのカードが良いかは使い方と使い手次第といったところですね。

ETCカードを作ろう

ETC導入にあたって、ETC車載器を車に取り付けたなら、次はETCカードを入手しなければです。

ETCカードは利用者の識別情報、支払い金額のデータがインプットされたものです。

そして、ETCを利用した時に料金の支払いが簡単なのは、ETCが現金ではなくクレジット取引によって行われているためです。

ですから、ETCカードはクレジット会社が発行しているのです。

ETCカードはクレジットカード同様カード会社に申し込みを行い審査が行われます。

審査基準はカード会社によって異なりますが、18歳以上で安定収入があり、また、高校生でないということが原則となっています。

申し込みと審査が面倒と思うかもしれませんが、既にクレジットカードを持っている人は同じカード会社でETCカードの取り扱いがあれば、審査なしで取得することも可能です。

また、注意して欲しいのがETCカードには年会費が必要なカードもあることです。

最近では入会金・年会費と無料というカード会社が多いようですが、すべてが無料ではないのです。

そして、会社によってはポイントがたまる、ガソリン代が割引になる、国内・海外旅行損害保険がついている、などとお得な情報もあるので、ETCカードを作る際は各社よく見比べてみることも大切ですね。

【関連情報】高速道路交流推進財団